屋根裏収納の湿気対策は大丈夫?屋根裏収納で気をつけるべきこととは?

暮らしを整える

我が家には2畳ほどの屋根裏収納があります。

屋根裏部屋ではなくて屋根裏収納です。

高さは100cmぐらいしかないので、大人が立って歩くことはできません。

こどもの秘密基地~みたいなそんなおしゃれな感じでもありません。

ただただ荷物を置くだけ!っていう感じのスペースです。

こんな風にコの字型になっていて、階段上ると左右に収納スペースがあります。

家を建てた当時は、

収納スペースはあればあるほどいいよね!!

と思っていたわたし。

狭くてもいい!!

少しでも収納スペースが増えるなら!!

と迷いなく作ってもらいました。

高いお金を払って・・・

片づけを学び、整理収納アドバイザーとなった今では、ここはなくてもよかったんじゃないかな?とさえ思う・・・(笑)

スペースがあるとつい色々溜め込んじゃうのでね~^^;

そんな屋根裏収納、結構湿度が高くてカビが増殖してしまうことも・・・

この記事では屋根裏収納の湿気対策についてまとめました。



我が家の屋根裏はこんな感じです

専用の棒をひょいっと引っ掛けると、

天井がぱかーんとなってはしごが現れます。

あとははしごをおろすだけ。

このはしご、重たいモノとか大きいモノを運ぶときは結構しんどいんです。

両手がふさがっちゃうと非常に昇りにくいんですよ(>_<)

そして、換気扇や窓がないので真夏はものすごーく暑くなります。

ムシムシジメジメ・・・。

まるでサウナです。

屋根裏に本やマンガを置いてゆっくり読書♪

なーんてちょっと憧れていたけど暑すぎて無理です!!(笑)

屋根裏は湿気がたまりやすい!!

真夏はサウナのような高温、そして湿度も気になるところ・・・。

屋根裏は湿気がたまりやすい場所でもあるんですね。

窓や換気扇などがついていればいいですが、我が家の屋根裏には窓や換気扇はありません。

以前、収納していた布製のモノが一部カビてしまったこともありました。

窓も換気扇もないので出来ることは限られているけど、とにかく湿気対策をしなくては!!

手軽に取り入れられる湿気対策

窓をつけたり換気扇をつけたりなどの大掛かりな工事は難しいので、手軽に取り入れられる湿気対策を調べてみました^^

除湿剤を置く

こういうやつです↓


水とりぞうさん(550mL*3コ入*2コセット)【水とりぞうさん】

我が家も屋根裏に置いてみました^^

水が溜まってるかこまめにチェックしてみようと思います。

効果あるといいなぁ~。

除湿マットを置く

これものすごく気になる!天井裏って書いてあるし、半永久的なんだそう!

半永久的除湿剤 住調空間 除湿マット(天井・水廻り・キッチン用) | 住宅用シリカゲル | 結露対策 | 繰返し


豊田化工 住調空間・天井裏除湿マット【ラッキーシール対応】

 

こまめに換気をする

たまにはこんな風に開けて、風を通すのも大事!

除湿器をやってみる

コンセントがあれば除湿器をやっていみるのもいいですね!

我が家の屋根裏にはコンセントがついているので試してみようと思います。

モノを詰め込みすぎない

これ大事!

いくら換気しても除湿剤を置いても、モノが多いと風が通らないのでどんどん湿気が溜まっていってしまいます。

屋根裏収納。しまうモノにも気をつけて!

湿度が高くなる場所なので、布団や衣類はカビに注意

まだ子供たちが小さかった頃、長女が使わなくなったベビーグッズを、

「下の子へのお下がりに取っておこう!」

と、とにかく色々なモノを屋根裏に詰め込んでいました。

「いつか使うから!!」

と思って。

ベビー服やベビーベッド、ベビー布団、シーツまで・・・。

もちろん衣装ケースに入れて防虫剤なども入れて保管には細心の注意を払ったつもりなんですが、2年後にいざ使おうと出してみると洋服やシーツの一部にカビが!!(゚Д゚;)

結局、処分することに。

湿気がたまりやすい場所なので、洋服やお布団などの保管には注意が必要です。

大きいモノ、重たいモノは収納しない

上げ下ろしが大変な大きいモノ、重たいモノを収納するのも危険です。

よくガラスのケースに入っている五月人形やお雛様などありますよね?

1年に1度出すだけなので、

「たまにしか使わないモノだし、屋根裏にしまっておこう!」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、入れてしまったら最後!

しまうのも大変ですが、下ろすのもものすごく大変です。(我が家のようなはしごの場合はとくに。)

1年に1度といっても出すのもしまうのも億劫になってしまって、結局出さないままなんてことも・・・(しまいっぱなしはカビの原因にも・・・)

クリスマスツリーやこいのぼりなども大きいモノ、重たいモノは注意が必要です。

我が家のように階段がはしごの場合はしまうものには特に注意しましょう。

転倒してケガなんてことになったら大変です><

我が家の屋根裏に収納しているモノ

参考までに我が家の屋根裏に収納してあるモノをご紹介します。

階段上がって左側はこんな感じ↓

  • いつかフリマに出す予定のおもちゃの箱

(でもこれ、屋根裏収納がなかったらきっと捨ててます。笑)

  • 子どもたちがもうちょっと大きくなったら出そうと思っている地球儀。

(今現在子供部屋に置き場がない)

  • いつか使うかもで捨てられない収納用品

(以前は使わなくなった収納用品がもっとたくさんありました。これでもだいぶ減った!)

 

そして階段上がった右側はこんな感じです↓

  • 思い出グッズ

(夫、わたし、こどもたちのモノ。)

  • アルバム

(夫とわたしの小さい時のアルバム。我が子のアルバムは別場所にあります。)

 

今、我が家の屋根裏に収納しているのはこんな感じです。

だいぶスッキリしたんですよ~!!

2年前に屋根裏を整理した時はこーんなことになってました(笑)↓

不要品の山!!とにかく色々(笑)

このときの片付けの記事はこちら↓

屋根裏部屋に色々詰め込みすぎた結果・・・出るわ出るわ!不要品!

この頃に比べたらだいぶモノが減って、風通しもちょっとはよくなったんじゃないかな~と思います。

これだけ色々詰め込んでたら、そりゃあカビも発生しちゃいますね^^;

まとめ

家を建てるとき、収納スペースはたくさんあった方がいい!そう思って、高いお金を払って作った屋根裏収納。

でも、スペースがあるのをいいいことに”とりあえずしまっておこう”で結局不要なモノを色々詰め込んでしまい、気づけばモノの山。カビははえるし、結局片付けにかなりの時間を費やしてしまいました^^;

今となっては必要なかったかも?とも思いますが、うまく使いこなせれば便利な屋根裏収納。

湿気対策や収納するモノに気をつけてうまく活用したいですね^^

&


nbsp;

 

Follow me!