【こどもが片づけてくれない!】自分で片づけられるようになる収納のコツ10選

こどものお片づけ・収育
こどもがおもちゃを片づけてくれなくて、結局いつもわたしが片づけちゃうのよね~。どうしたら自分で片づけてくれるようになるかしら?
むらたま
お子さんが自分で片づけてくれたら助かりますよね^^まずはお子さんが自分でお片づけしやすいように、片づけやすい仕組みを作ってあげましょう~^^

この記事では、こどもがおもちゃを片づけてくれない!!とお悩みの親御さんへ、こどもがおもちゃの片づけをしやすい収納のコツをお伝えします。

こどもがおもちゃを片づけないのはなぜ?

こどもが遊んだおもちゃを片づけないのには理由があります。

  • どこにしまっていいのかわからない
  • めんどくさい
  • そもそも「片づけ」がよくわかっていない

おもちゃをしまう場所が決まっていないと、「片づけてー!」と言われてもどこに片づけていいのかわからないんですね。

「めんどくさい」というのもよく聞きますねーw

そして実は、

”片づける”

の意味がよくわかっていない子も多いです。

片づける=とりあえず箱やかごにつっこむ!でしょ。
片づける=端っこによせる!ってことよね。
片づける=押し入れやクローゼットに押し込む!だよね。

う~ん色々ですねー(笑)

あと、ごみを拾うこと!とか、お掃除のこと!って思っている子もいます。

親御さんの伝えたい、「片づけて」の意味は

片づける=おもちゃを元の位置に戻すこと。

ですよね。

なので、お子さんには「おもちゃ片づけてー!」というよりも、

「おもちゃを元の位置に戻してね!」

と声をかけると伝わりやすくなります^^

ここで大事なポイントです!!

こどもが自分で片づけられるようになるには、

  • おもちゃのおうち(定位置)がちゃんと決まっていること!!
  • 元に戻すという行為をいかに簡単にするか!!

というのが、大事ですー!

お子さんが片づけ上手になるために、片づけやすい収納を作ってあげましょう♡

むらたま
次はこどもが片づけやすいおもちゃ収納を作るためのコツをお伝えします^^

子どもが片づけやすいおもちゃ収納を作るコツ

おもちゃのおうち(定位置)を決める

これはめちゃくちゃ大事!!

おもちゃのおうちを決めずに「片づけなさい!」なんて無茶ぶりでしかありません!w

お人形、ぬいぐるみのおうちはここ!

ブロックのおうちはここ!

つみきのおうちはここ!

とすべてのおもちゃのおうちをき決めてあげましょう!

おもちゃのおうちはよく遊ぶ場所の近くにする

おもちゃのおうち(おもちゃの収納場所)は良く遊ぶ場所の近くにしましょう。

なぜなら、しまう場所と遊ぶ場所が遠いと片づけなくなるからです。

例えば、よく遊ぶ場所はリビングなのにおもちゃの収納場所は2階にある子供部屋だったりすると、おもちゃを持ってくるのは苦じゃなくても、

「2階までおもちゃを片づけに行くのはめんどくさい!」と思ってしまうんですよね。

大人でもそう思うことありますよね。

こどもも同じなんです。

なので、片づけやすくするためには遊ぶ場所の近くにおもちゃのおうち(収納場所)を作ってあげましょう。

こどもがしまいやすい高さにする

おもちゃを収納する場所の高さも大事です。

子どもの目線から下に収納場所を作ってあげると、取り出しやすくしまいやすくなります。

ふたをなくす

ふたを開ける、ふたを閉めるという動作もめんどくさいし、こどもにとっては難易度が高いんですー(>_<)

すぐにポイっとしまえるように、おもちゃばこのフタははずしちゃいましょう!

扉をなくす

ふた同様、とびらを開ける、閉めるという動作もめんどくさいんですよね。

例えばブロックをふたつきのボックスにしまっていたとします。

そのボックスの収納場所が扉つきのキャビネットの中だったとします

おもちゃをしまう時には

  1. おもちゃをボックスに入れる
  2. ボックスのフタを閉める
  3. キャビネットの扉を開ける
  4. ボックスをしまう
  5. キャビネットの扉を閉める

これだけの動作が必要なんですね。

あ!おもちゃひとつしまいわすれてたー!!

なんてことがあったら

  1. キャビネット開けて
  2. ボックスのフタ開けて
  3. しまう
  4. フタ閉める
  5. 扉閉める

めんどくさっ!!(笑)

ってなってせいぜいキャビネット開けてフタのうえに乗せて終わりでしょう。

なんなら「あとでいっかー!」

ってなると思う(笑)

ふた同様、扉も外してあげると片づけのハードルが下がります。

浅めの収納用品を選ぶ

収納用品が深すぎると、

  • 探しにくい
  • 奥のモノが取りにくい
  • たくさん入るからついつい入れすぎちゃう
  • たくさん入れすぎて重くなっちゃう

など、難点があります。

なので浅めの収納用品を選びましょう。

軽くて持ち運びしやすい収納用品を選ぶ

おもちゃ箱が重かったり、大きすぎたりするとこどもが使いにくいです。

出しやすく、しまいやすいようにこどもが持ち運びしやすい収納用品を選びましょう。

何でもBOX(とりあえずBOX)をひとつ作る

おもちゃのおうちを作っていると、「ん~これはどのグループでもないんだよなぁ~」というおもちゃが出てきます。

そんな時のために何でもBOXをひとつ作っておきましょう。

例えば、お祭りでヨーヨーをもらった!とか、お子様ランチのおまけのおもちゃをもらった!など、新しいモノが増えた時にも、何でもBOXは大活躍です。

おうちが決まるまでの間、”とりあえず”でしまっておくのにも便利です。

何でもBOXがいっぱいになってきたなと思ったら見直せばOKです!

ラベリングをする

ラベリングとは、中に何が入っているかを写真や文字で示すことです。

まだ字が読めない小さいお子さんには写真やイラストがわかりやすくていいですね。

おもちゃを持ちすぎない

おもちゃが多すぎて片づけられないというのもよくあるパターンです。

おもちゃがありすぎると、色々なモノで遊べて楽しいけど、お片づけが大変になってしまいます。

こどもはおもちゃで遊ぶとき、遊び終わったらしまってから次のおもちゃを出すなんてことはしません!w

車で遊びながらブロックで街を作ったり、電車を走らせてみたり色々なおもちゃで遊びたくなってしまうもんですよね。

なので、”全部出しても片づけが大変じゃない量にする”というのが片づけ上手への第一歩かなと思います。

こどもの年齢や家で遊ぶ時間などで変わってくるので、その子にあった適正量がわかるといいですね^^

【実例】我が家のおもちゃ収納はこんな感じでした

参考までに我が家の娘たちが小さかったころのおもちゃ収納はこんな感じでした。

IKEAキッチンの中↓

この頃はまだ扉がついていますね~。

でもこの扉、結構力入れないと開かないのでしまいにくそうでした(>_<)

ぬいぐるみ収納↓

ぬいぐるみはここに入る分だけ!と決めていました。

長女小1、次女年少の頃↓

次女が幼稚園に上がったのを機におもちゃの収納場所を子供部屋にかえました。

それまではおもちゃはリビングに収納していましたよー!

まとめ

こどもが片づけやすい収納のコツは

  • おもちゃのおうち(定位置)を決める
  • おもちゃのおうちはよく遊ぶ場所の近くにする
  • こどもがしまいやすい高さにする
  • ふたをなくす
  • 扉をなくす
  • 浅めの収納用品を選ぶ
  • 軽くて持ち運びしやすい収納用品を選ぶ
  • 何でもBOX(とりあえずBOX)をひとつ作る
  • ラベリングをする
  • おもちゃを持ちすぎない

全部実践するのは難しい場合もあるかもしれませんが、出来ることは是非試してみてください(*^^*)

お子さんが自分でお片づけができるようになりますように♡

むらたま
最後までお読みいただきありがとうございました。

\お片づけ応援LINE/

友だち追加  お片づけ応援LINE配信中♪ 無料お悩み相談も実施中です! 感想や質問も大歓迎^^ お気軽にご登録くださいませ♪