【備え】『片づけ』は防災につながります!今すぐできる防災対策!!

片づけ・整理収納
うちもちゃんと防災対策しなくちゃ!でも、家の中の防災対策ってまず何をすればいいんだろう?
むらたま
家具を固定したり、備蓄品を用意することももちろん大事!!

ですが、今すぐに出来る防災対策がありますよ!それは家の片づけ!!片づけは今すぐできる、命を守るために必要な対策です。

『片づけ』は立派な防災対策です!!

最近三浦半島で3回も異臭騒ぎがあったんです。

「ガス漏れのようなにおいがする。」とか、「ゴムが焼けたようなにおいがする。」などの通報が相次いだようです。

結局、異臭の原因はわからいらしいのですが、一説によるとこれが大地震の前兆だとか。

ほんとうかどうかはわからないのですが、備えあれば憂いなし!!

我が家も改めて、防災対策を見直しているところです。

非常持ち出し袋の用意、水や食料などの備蓄、いざという時に備えておくのはもちろんのこと、

『家の片づけをする』というのも立派な防災対策に繋がるんですよー!

この記事では、今すぐに実行できる!!片づけで出来る地震対策をご紹介します^^



家が片づいていない、モノが多いと災害時はどうなる?

階段や廊下にダンボールが置いてあったり、床にたくさんモノが落ちていたり、タンスや本棚の上などの高いところにいろいろモノが置いてあったりしませんか?

もしそのような状況で夜中の就寝時に大きな地震が襲ってきたとしたら・・・

  • 高いところから落ちてきたモノがいる寝ている自分を直撃
  • 倒れた家具が扉をふさいで避難ができない

もし部屋から脱出できたとしても・・・

  • 階段や廊下にたくさんのモノが置いてあったり、床に落ちているモノにつまずいて転倒
  • 棚の上に置いてある花瓶や写真立てが落下しガラスが飛び散り足をケガ

など、様々な危険が考えられます。

こ、こわいですよね・・・((((;゚Д゚))))

むらたま
いざというとき、スムーズな避難が出来るように防災対策をしっかりしましょうねー!!

今すぐできる!防災片づけのポイント

階段、廊下、ドア、窓など避難経路の確保

階段や廊下、玄関のドア、部屋のドア、庭へ続く掃き出し窓など、避難経路になる場所にモノが置いてあったりしませんか?

ドア付近に置いていたモノがドアをふさぎ、いざ逃げる時にドアが少ししか開かない!(>_<)

階段に置いてあるモノにつまずいて転んじゃった!(>_<)

なんてことも・・・

そんなことになったら、「あぁ、、普段からちゃんと片づけておけばよかった」って後悔しますよね。

もし今、ドア付近に色々モノを置いてしまっている方は今すぐ片づけましょう!

また、必ずしも玄関から外に出られるとは限りません。

玄関以外にも勝手口や窓などからも逃げられるように避難経路をいくつか確保しておきましょう。

床にモノを置かない

床にモノが置いてあると、避難の妨げになります。

落ちているモノにつまずいたり、踏んでしまったり。

足をケガをしてしまったら、避難も困難になってしまいます。

床にモノがたくさん置いてある場合は今すぐ片づけましょう!

棚の上、テーブルの上、机の上はスッキリさせよう!

テーブルや棚の上にモノをたくさん積み上げていませんか?

床にたくさん置いてあるモノをまとめてポン!っと今度はテーブルや棚、机の上に置きませんでしたか?

それ、地震がきたら全部落ちてきて、床に散らばっちゃいますよー(>_<)

普段から棚の上、テーブルの上、机の上はスッキリさせておくことを心掛けましょう。

寝室はなるべくモノを置かない

ベッドや布団の周辺に背の高い家具を置いていませんか?

もし置いていたら家具を移動したり固定するなどの対策をしましょう。

寝ているときに突然倒れてきたら・・・

想像しただけでおそろしいです(>_<)

出来れば、寝室にはなるべくモノを置かないようにするのがベストです。

それが難しい場合は、背の低い家具にしたり、しっかり固定するなどの防災対策をしましょうね!

高いところにモノを置かない

食器棚の上にたまにしか使わない大きなお鍋を置いていませんか?

タンスの上にさらに衣装ケースや箱が置いてあったりしませんか?

もし高いところにモノが置いてあるなら、落下の危険があるので今すぐ下ろしてくださいー!

例え軽いモノだったとしても、高いところから落下してくると衝撃が強いのでケガをするおそれがあります。

高いところにはモノを置かないようにしましょう。

重いモノは下、高いところには軽いモノ

押し入れ、クローゼット、食器棚などの収納スペースは重いものは下段に、軽いモノを上段にというのが収納の鉄則!

土鍋やたこ焼き器などはたまにしか使わないからと、吊戸棚や食器棚などの高いところに収納していませんか?

地震の揺れで食器棚の扉が開いてしまったとしたら・・・

重たい土鍋が凶器となってしまうのです(>_<)

普段生活をするうえでも、重いモノを高いところにしまっているのは落下したときにけがなどの恐れもあります。

収納スペースの中は、重いモノは下段に、軽いモノを上段にしまうようにしましょう。

インテリア雑貨などの装飾品は割れないモノに

棚の上に飾ってあるフォトフレームや花瓶などのインテリア雑貨はなるべく割れないモノを選びましょう。

階段や玄関などに写真や絵などを飾っている場合は、ガラス製のフレームではなくプラスチック製のフレームにかえることをおすすめします!

片づけておくだけで防災対策になる!

家の中を片づけておくと・・・

  • 備蓄スペースが出来る
  • 大きな揺れがきても部屋が散かりにくい
  • どこに何があるかを把握しているので、避難時にすぐに必要なモノを取り出せる
さぁ、今すぐ家の片づけを始めましょう!!

さいごに

南海トラフ地震、首都直下地震など近い将来に必ず起きると言われています。

いざという時に備えて、家の中の避難経路の確保、備蓄スペースを作るためにも片づけをしましょう!

片づいた家はいざというとき、きっとあなたや家族を守ってくれるはずです!!

むらたま
いざという時にしっかり備えましょうねー!
最後までお読みいただきありがとうございました。

\お片づけ応援LINE/

友だち追加  お片づけ応援LINE配信中♪ 無料お悩み相談も実施中です! 感想や質問も大歓迎^^ お気軽にご登録くださいませ♪